2013年07月08日

オリンピックの競技種目選考について

2020年のオリンピックにおける競技選考において、8競技の中から3競技が残りました。その3競技とは、レスリング、野球・ソフトボール、スカッシュだった。
審査投票はIOC理事会の委員により決まるのだが、個人的な好き嫌い、競技の歴史や参加人口、施設や普及や関心度などが、影響するそうだが、その根拠があきらかでないため、なぜ、この3競技が選ばれたのかよくわからない。
そのそも、レリングがなぜ最初の選考会ではずれたのかもわからないのだから、なんとも不透明で不思議な選考過程だ。
9月に最終決定されるそうたが、日本のお家芸であるレスリングが残ったのは良いとしても、野球・レスリングも候補に残っていというは、複雑な心境だ。
正直、両方とも競技種目に選ばれて欲しいのだか、そうもいかないから、なんとも悩ましい話だ。
それにしても、どの団体とも、ロビー活動がすごいですね。オリンピック種目に採用されるか否かは、死活にかかわる大問題なのだから、わからないでもないが、オリンピック本来の精神からすれば、政治力を使って運動をするというのは、疑問に感じるが、元々、オリンピックというのは見世物興行だと割り切ってしまえば、そんなものなんだろうな。

美容整形でのセカンドオピニオンの重要性






posted by privres at 11:41| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。